アルコール

MENU

アルコール

アルコールを摂取することで頻尿症状になる人は少なくありません。
筆者もその1人で、顔はほとんど赤くならないものの頻繁にトイレに行きたくなります。

 

余談ですがお酒を飲むとトイレが近くなる人は悪酔いしにくい傾向にあります。
体内のアルコールを尿と共に対外に排出しているためだと言われています。
なので少量のお酒でも酔ってしまうのであれば、水も一緒に飲むといいでしょう。

 

ただ一口にアルコールと言っても何を飲んでも頻尿になるわけではありません。
個人差はありますが、最も顕著なのはビールです。

 

ビールには身体を冷やす作用と利尿作用があるため、
アルコール類の中でも特に頻尿になりやすいのです。

 

対して日本酒やワインは身体を温める効果があるため、アレルギーが無ければ
冷え性の人にはむしろオススメの飲み物だと言えるでしょう。
ただし未成年は飲んではダメですよ。

 

いくら身体を温める効果があるとは言え、当然ながら過剰摂取は厳禁です。
男性のみの疾患である前立腺炎は、お酒の飲みすぎも原因のひとつになるためです。
他にもお酒が原因の怖い疾患はたくさんありますよね。

 

前立腺炎は早期に適切な治療を行えば決して怖い病気ではありませんが、
甘く見ていると慢性化したり前立腺肥大症に移行してしまうこともあります。
頻尿や排尿痛など気になる症状が現れたら、早急に泌尿器科を受診しましょう。


 

 

体の中から改善しよう

アルコール関連ページ

水分
コーヒー
冷え
便秘