冷え

MENU

冷え

冬の寒い時期、夏場であってもエアコンが寒いくらいに効いていれば
トイレの回数は増えますよね。
これは自然な生理現象ですし一過性のものなので、厳密に言えば頻尿とは違います。

 

ですが冷えが身体に悪影響を及ぼすほどの悪環境にいる場合は、
やはり何らかの対策を立てた方が望ましいでしょう。

 

いくら冷えからくる心配の無い頻尿症状であっても、すぐにトイレに行ける状況でなく
ガマンし続けていては膀胱炎になってしまいかねません。

 

生活環境や職場などで常に冷えにさらされているのであれば、
部分的に身体を温めて意識的に体温を下げないようにする必要があります。

 

環境的に許されるのであれば、有効なのは首・手首・足首を温めることです。
首と名のつくところには主要な動脈が通っているため、ピンポイントで保温することで
全身を効率よく温めることが出来ます。

 

マフラーやネックウォーマー、イヤーマフ、レッグウォーマーなどで
オシャレを楽しみつつ冷え対策をとりましょう。

 

食生活を見直すことも大切です。
代謝を上げるトウガラシ、温め効果を持つショウガ、発汗作用のあるネギ
冬場だけでなく夏場でも手に入りますよね。

 

冷たいそうめんやうどんについている薬味を見れば一目瞭然ですね。
あれは風味を良くするためだけでなく、冷たいものを食べる時体温が下がらないようにする
先人の知恵なのです。

 

そして夏に身体をエアコンや冷たい飲食物で冷やしすぎると冬にその反動が来てしまうため、
エアコンを強くしすぎない、シャワーで入浴を済ませず湯船に浸かるなど
冬だけでなく1年を通じて身体を冷えから守りましょう。


 

 

体の中から改善しよう

冷え関連ページ

水分
コーヒー
アルコール
便秘