直接の疾患

MENU

直接の疾患

頻尿の原因になる直接の疾患のうち、
特に良く知られているものをピックアップしてまとめています。

 

直接の疾患記事一覧

若いときはそんなこと無かったのに、高齢者と呼ばれる年齢に達してから頻尿が気になり始めた。こんな経験のある方は少なくありません。頻尿症状の原因のひとつに、加齢によるものが挙げられます。まず高齢になると若いときと比べノドが渇きやすくなります。全身の水分量が少なくなるため当然なのですが、ここで飲みすぎると当然頻尿になりますよね。また70代〜80代の実に30パーセントに当たる人が悩まされているのが過活動膀...

糖尿病という病気があることは知っていても、どんな病気なのか、どういった症状があり何に気をつけるべきなのかまで詳しく説明できますか?自分や周囲の人が罹患しない限り、未知の病気ですよね。そもそも糖尿病とは、血糖値を下げる働きを持つホルモンであるインスリンの作用が低下したため体内に取り入れられた栄養素が上手く利用されなくなる疾患です。本来ならインスリンはすい臓から分泌されますが、この分泌量が足りない場合...

ヒトの尿は腎臓で作られ、膀胱へと送り込まれて一定量が溜まると尿意を感じ、排尿するということを繰り返しています。この腎臓が病に冒された場合、尿に異変が現れるのは当然ですよね。さまざまな症例がありますが、最も多いものとしては腎臓で作られる尿量が増え結果頻尿になるパターンです。この症例ですと1回の排尿量は通常通りですが、トイレの回数そのものが増えるため全体的に見て尿量が増加していると言えますね。患者さん...

頻尿と血尿が合わさった症状で疑われるのは、ほとんどの場合膀胱炎です。軽度のうちは排尿時の不快感や排尿痛、頻尿などごく軽い症状で済むのですが、重症化した場合は血尿のほかに酷い腰痛が認められることもあります。さらに進行すると腎盂腎炎(じんうじんえん)という腎臓の病気を発症することもあるため、たかが膀胱炎といえども楽観視していてはいけませんね。腎盂腎炎とは細菌が膀胱だけでなく腎臓や腎盂にまで到達すること...

頻尿を伴う膀胱の病気で最もポピュラーなものは膀胱炎ですよね。どちらかと言えば女性患者が多いこの疾患、筆者も何度かかかったことがあります。10代後半から30代、妊娠・出産を機に発症する人も少なくありません。一度かかるとクセになるとの言葉通り、再発することも珍しくないこの病気は、大半が細菌感染による急性単純性膀胱炎です。膀胱炎は大腸菌などの細菌が尿の排出口から尿道を通じて膀胱に入り込み、菌が原因で膀胱...

性病と頻尿には、密接な関係があります。特に男性の場合は性器と尿道が同一器官内に収まっているため、性病に罹患することで頻尿症状が現れる確立がグッと上がります。中でも、特に頻尿症状が出やすいものとしてクラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、淋菌感染症が主なものとして挙げられます。クラミジア感染症はクラミジア、トラコマティスに感染することによって発症します。潜伏期間は1〜3週間とされており、頻...

男性に現れる頻尿症状の中で最たる原因になるものが前立腺に起こる異常です。この器官は男性にのみ存在し、主に性的役割を担っています。男性の場合女性と比較して器官の違いから膀胱炎にかかりにくく、尿路感染症も起こしにくい代わりに前立腺の異常による頻尿が多く見られます。そもそも前立腺は膀胱の出口付近にあり、尿道を取り囲むような形で存在しています。大きさは栗の実ほどで、この中を尿道と2本の射精管が通るという造...

男性の頻尿原因のひとつに、前立腺の異常が挙げられます。前立腺は男性性器のひとつで、膀胱の出口と恥骨、直腸に挟まれており、尿道をとり囲んでいます。天皇陛下および芸能人が手術されたことでも良く知られていますね。この前立腺が肥大することで尿道が圧迫され、排尿に関する異常が認められるようになります。その最たるものが頻尿症状ですが、他に出始めるまでに時間がかかる、残尿感がある、出終わるまでに途中で止まったり...

体の中から改善しよう