糖尿病

MENU

糖尿病

糖尿病という病気があることは知っていても、どんな病気なのか、
どういった症状があり何に気をつけるべきなのかまで詳しく説明できますか?
自分や周囲の人が罹患しない限り、未知の病気ですよね。

 

そもそも糖尿病とは、血糖値を下げる働きを持つホルモンであるインスリンの作用が
低下したため体内に取り入れられた栄養素が上手く利用されなくなる疾患です。

 

本来ならインスリンはすい臓から分泌されますが、この分泌量が足りない場合、
また太りすぎになどによりインスリンが上手く働けなくなっている場合とがあります。
両者が組み合わさった状態で発症するケースもあります。

 

成人に多い糖尿病を2型糖尿病と言い、ほとんどが無自覚のまま進行します。
健康診断などで発見することが出来ますので、年に1度は尿検査を受けましょう。

 

病気が進行すると血液の濃度が上がりのどが渇くため、水分を多量に欲します。
これは身体の生体反応で、血中の糖度が上がることで「水分を摂る」命令が
脳から出されます。

 

摂取水分が増えることで尿量が増え、結果頻尿症状として現れるのです。

 

それを防ぐために、のどが渇いたときに摂る水分はスポーツドリンクなどではなく
真水で摂りましょう。

 

本来であればスポーツドリンクは体内に水分補給をするのに適した飲料水ですが、
患者さんの血液を少しでも正常に近づけるためにはやはり真水が一番です。

 

どうしてもスポーツドリンクしかない、と言う場合でも水で薄めてから
飲ませてあげてくださいね。


 

 

体の中から改善しよう