性病

MENU

性病

性病と頻尿には、密接な関係があります。
特に男性の場合は性器と尿道が同一器官内に収まっているため、
性病に罹患することで頻尿症状が現れる確立がグッと上がります。

 

中でも、特に頻尿症状が出やすいものとしてクラミジア感染症、性器ヘルペス、
尖圭コンジローマ、淋菌感染症が主なものとして挙げられます。

 

クラミジア感染症はクラミジア、トラコマティスに感染することによって発症します。
潜伏期間は1〜3週間とされており、頻尿の他に排尿痛や下腹部の痛み、
かゆみなどがあります。

 

性器ヘルペスはヘルペスウイルスによって感染します。
性器や肛門のまわりに水ぶくれができるのが特徴で、
同じような症例で口唇ヘルペスなどがあります。

 

尖圭(せんけい)コンジローマは子宮頸がんの原因ともなることで有名なHPVウイルス、
ヒトパピローマウイルスに感染することで起こります。
性器にイボができカリフラワーのようになったり、かゆみや性交痛、出血が見られます。

 

淋菌感染症は淋菌(りんきん)に感染して発症します。
潜伏期間は約1週間程度で、男性の場合は排尿痛、女性の場合は下腹部の痛みなどがあります。

 

いずれの疾患もキチンと治しておかないと大切なパートナーに移してしまいます。
これらの気になる症状が見られ、かつ頻尿が気になる場合は早急に泌尿器科を受診してください。
女性であれば泌尿器科でなくとも、産婦人科で診察が受けられます。


 

 

体の中から改善しよう