残尿感がある場合

MENU

残尿感がある場合

経験したことのある人でないと分かりづらい感覚ですが、
残尿感とは排尿した後もまだ残っているような感覚があることを言います。
もちろん本当に尿が残っている疾患もありますので、こちらは注意が必要です。

 

単に感覚だけでさらに排尿痛、頻尿、何となく気持ち悪いと言った不快感がある場合は
膀胱炎の可能性が非常に高いため、早急に医療機関を受診しましょう。
単に膀胱炎だからと軽く見ていると、後でとんでもない事態になってしまうことも。

 

また膀胱や尿道に何らかの疾患があるために排尿困難に陥っている場合は、
しかるべき治療を受けなくてはなりません。

 

個人差はありますが膀胱内に100cc以上の尿が残っている場合、
尿路感染症腎機能障害を発症する危険性が高まります。

 

これらの症状は膀胱や尿道に何らかの異常が見られる器質的疾患のほかに、
脳血管障害や脊髄損傷による神経障害も考えられます。
この場合残尿感の自覚が無いケースもありますので、定期的な診察が欠かせません。

 

何らかの疾患が原因でなくても、加齢による筋力低下が元で起こる残尿もあります。
例えば加齢により下半身の筋力が低下してくると、
排尿するために必要な力が出せなくなりますよね。

 

このため膀胱内の全ての尿を出し切ることが出来なくなり、結果尿が残ってしまうのです。

 

加齢でも疾患でもない場合に、ストレスも原因として挙げられます。
頻尿はともかく残尿も?と思われる人もいるでしょう。
ですが精神面やストレスが原因となることもあるのです。


 

 

体の中から改善しよう