泌尿器科

MENU

泌尿器科

頻尿が気になり始めた場合、まず最初に受診するのは泌尿器科ですよね。
ですが部位が部位だけに恥ずかしくて、とかなんとなく敷居が高いと
感じる患者さんは多数います。

 

特に高齢者の場合泌尿器科は性病にかかったときに行くものだという認識も根強く、
そのため重大な疾患が見過ごされてしまうこともありました。

 

泌尿器科では性病以外に排尿障害も診ていますが、排尿障害と一口に言っても
外性器に異常がある場合、例えば前立腺肥大や尿路感染症であればなんとなく
外科の範疇のような気がしますよね。

 

対して腎臓や膀胱といった内臓に異常があれば内科を想像するのではないでしょうか。
また心理的な面が原因の場合はメンタルクリニックでの受診になります。

 

女性であれば産後の頻尿および尿失禁も産婦人科で見てもらえますが、
明らかに出産が原因の尿失禁でなければ難しいですね。
また泌尿器科で見てもらえる外性器の異常は男性に限ります。

 

泌尿器科では副腎、腎臓、尿管、膀胱に加え男性のみが持つ前立腺までを
統合して診てもらえます。
排尿に関係する器官を全て含んでいますよね。

 

これらに異常が発生したら、恥ずかしくても行きにくくても
放置しておくわけには行きません。
怖がらずに、きちんと受診しましょう。

 

頻尿が起こる背景には泌尿器系のみに原因があるわけではありませんが、
それでも受診することで新たに発見される疾患もあります。
重篤な疾患であれば早期発見・治療が何よりも大切です。


 

 

体の中から改善しよう