改善しよう

MENU

改善しよう

頻尿を何とかしたい、でも薬にばかり頼るのも抵抗がある。
そんな患者さんは自宅で出来る方法で頻尿を改善しましょう。

 

改善しよう記事一覧

疾患があっての頻尿であってもそうでなくてもトイレの回数が多いことに変わりは無いので、何らかの対策は立てておきたいですよね。特に遠方に出かけるような場合や宿泊を伴うとき、気の進まない外出時には症状が顕著になる場合が多いので、いつも以上に入念に準備しておく必要があります。逆に言えば準備万端の状態にしておけばかえって安心感が増すため、普段よりもむしろ気にならなかったと感じる人もいるのでオススメですよ。効...

試験本番中や試合中、大事な会議の真っ最中などですと尿意を感じても、なかなかトイレに行きづらいですよね。さらに頻尿の自覚症状がある場合、突然の尿意がいつ起こるか予測不能ですから、ある程度自分で排尿をコントロールできればそれに越したことはありませんよね。できれば何とか予防したい、そう感じる頻尿患者さんは少なくないのです。でもどうすればよいのか分からないという人や、たかがトイレの回数が多いくらいで薬に頼...

昔から、トイレを我慢することは身体に毒だと言われてきました。それは現代においても変わりなく、基本的に尿意を感じたらトイレに立つよう言われていますよね。ですが健康な成人であれば授業中や運転中、外出時の場合は自宅まで我慢することも可能です。この我慢がどうしても出来ない、尿意を感じた瞬間失禁してしまうのであれば、それは過活動膀胱かも知れません。過活動膀胱は40代以上の成人であれば男女どちらにも起こりうる...

頻尿を改善できるごくカンタンな体操があるのをご存知ですか?有名なものに骨盤底筋体操というものがありますが、ケーゲル体操とも呼ばれています。ここではイラストを使って詳しく紹介しちゃいますね。骨盤底筋体操(ケーゲル体操)とは?1940年代にケーゲル博士が考案したもので、尿失禁に悩む女性のために編み出されました。これにより骨盤底筋の強化と排尿調節機能の回復を促す効果が得られると言うものです。高齢者向けの...

東洋医学では人体のいたるところに存在するツボを刺激することで、何らかの影響を与えるとされていますよね。肩こりや便秘解消、リラックス、快眠などが良く知られています。効果のあるツボとは?頻尿改善や膀胱炎に罹患したときに効果を発揮するツボも存在します。原因別にいくつかご紹介しましょう。中極(ちゅうきょく)まず加齢により腎機能が低下したことによる頻尿の場合、下腹部に存在する中極(ちゅうきょく)を指圧するこ...

体の中から改善しよう