対策

MENU

対策

疾患があっての頻尿であってもそうでなくてもトイレの回数が多いことに変わりは無いので、
何らかの対策は立てておきたいですよね。

 

特に遠方に出かけるような場合や宿泊を伴うとき、気の進まない外出時には
症状が顕著になる場合が多いので、いつも以上に入念に準備しておく必要があります。

 

逆に言えば準備万端の状態にしておけばかえって安心感が増すため、
普段よりもむしろ気にならなかったと感じる人もいるのでオススメですよ。

 

 

効果的な3つの対策ポイント

頻尿

 

水分は控えめに

一つ目は、水分を余り摂りすぎないことです。
水分を飲みすぎるとトイレに行きたくなりますから、それだけで頻尿になってしまいますよね。
季節を問わず、利尿作用の少ない温かいものを飲むようにしましょう。

 

ハーブティーやホットミルクには神経を鎮める効果もあるため、
外出時に限り頻尿になる人は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

身体を冷やさない

次に身体を冷やさないことです。
前述の部分と重なりますが、夏にクーラーの近くに座る、冬に窓際付近に座るなどで
身体は冷えてしまいます。

 

冷えることで頻尿症状が悪化しますから、
夏でもひざ掛けやレッグウォーマーで温めてあげましょう。
冷え性改善に効果のあるツボを刺激するのもいいですね。

 

トイレを意識しない

そして最も効果的なことは、出来るだけトイレのことを考えないようにすることです。
意識するとどうしてもそちらに集中してしまいます。

 

トイレに行きたくなればいつでも行けるくらいに気楽に構えておけば、
かえって不安感が取り除かれるのでいいですね。


 

 

体の中から改善しよう

対策関連ページ

予防
我慢する方法
体操
ツボ