体操

MENU

体操

頻尿を改善できるごくカンタンな体操があるのをご存知ですか?
有名なものに骨盤底筋体操というものがありますが、ケーゲル体操とも呼ばれています。
ここではイラストを使って詳しく紹介しちゃいますね。

 

 

骨盤底筋体操(ケーゲル体操)とは?

1940年代にケーゲル博士が考案したもので、
尿失禁に悩む女性のために編み出されました。
これにより骨盤底筋の強化と排尿調節機能の回復を促す効果が得られると言うものです。

 

高齢者向けの介護予防にも用いられています。
骨盤底筋のみならず腹筋や下肢も鍛えるトレーニングにより、頻尿や尿失禁の改善の他にも、
下半身の筋力アップ効果も期待できますよ。

 

ちなみに骨盤底筋とは尿道や肛門を開閉する筋肉群の総称のことです。
体操を行うときは、この筋肉を意識しながら行うようにしてくださいね。

 

 

具体的なやり方

イスに座ってやる場合

頻尿

 

イスに座ってお腹の力を抜き、意識して肛門と尿道をギュッと締め、次に力を抜く、
これを5秒〜10秒ずつ繰り返します。

 

寝てやる場合

頻尿

 

寝た状態で行うときは仰向けになりヒザを立てます。
足は30〜40cmくらい開いてください。
その状態で同じように力を入れる、緩めるを繰り返します。

 

10回くらい繰り返し、1セットとしましょう。
空いた時間などを使って、1日最低3セットはやってください。

 

 

どちらのスタイルで行っても構いませんので、意識的に取り入れてみてくださいね。

 

 

 

 


 

 

体の中から改善しよう

体操関連ページ

対策
予防
我慢する方法
ツボ