精神的な場合

MENU

精神的な場合

身体に異常がないのに頻尿症状がある、
その原因に精神的な場合も考えられます。
ストレス性の頻尿から治し方までを紹介しています。

 

精神的な場合記事一覧

頻尿の原因は、何も身体の異常だけにあるのではありません。むしろ幼児から思春期ごろまでの子どもの場合、心因性のものが原因となっている場合がほとんどです。小児科、特に泌尿器科や腎臓に詳しい医師の診察を受けた上で原因が無いのであればそれは心因性頻尿だと言えるでしょう。大人の場合でも同じです。例えば大きな商談が身近に迫ってきたとか引越しや異動で環境が変わったりした場合、頻尿症状が見られることがあります。こ...

検査をしてもどこにも異常がないにも関わらず頻尿の症状が現れる、その場合は神経性頻尿が考えられます。泌尿器科系に何らかの異常がある場合はシチュエーション、時間帯を問わず症状が現れます。大して神経性頻尿の場合、必ずしもそうではありません。例えば外出時にトイレにまつわるイヤな経験をしたことが元で外出先でのみ頻尿になることもあれば、おもらしをからかわれて学校や園でのみ症状が現れるケースも存在します。また日...

ストレスは感じる人によって度合いもキツさも変わるため、これだけ溜まったから頻尿その他身体的症状が出る、というものではありません。むしろ患者さん本人の訴えのみが診断基準になりますから、頻尿の原因がこれだけだと特定してしまうことはかえって危険だと言えます。頻尿以外の症状が無くても、まずは一度医療機関を受診しましょう。検査することで、患者さん本人も気がついていなかったその他の疾患や異常が見つかる可能性も...

精神的な疾患が原因で起こる頻尿にも、効果的な治療薬は存在します。原因となっているストレスの原因を取り除いてあげることが一番の治療であり、患者さんは子どもから若い女性に多く認められます。大人であれば仕事でのミスや異動・引越しに伴う環境の変化によるストレス、精神的な疲弊や何らかのトラウマが原因で起こります。対して子どもの場合環境の変化はもちろんのこと、園や学校でトイレを失敗したり発表会の前に緊張するこ...

通常であれば、成人であれば150〜200ミリリットル程度の尿が膀胱に溜まった時点で尿意を感じ、トイレに行きます。これは脳からの命令により行われていますが、この脳と膀胱の連携が上手く取れていれば少々の尿意はガマンできますし、逆に外出前や会議前などに尿意が無くてもトイレを済ませておくなどコントロールが可能です。ところが頻尿の場合膀胱にあまり尿が溜まっていないにも関わらず尿意を感じ、頻繁にトイレに行きた...

体の中から改善しよう