ストレス

MENU

ストレス

ストレスは感じる人によって度合いもキツさも変わるため、
これだけ溜まったから頻尿その他身体的症状が出る、というものではありません。

 

むしろ患者さん本人の訴えのみが診断基準になりますから、
頻尿の原因がこれだけだと特定してしまうことはかえって危険だと言えます。
頻尿以外の症状が無くても、まずは一度医療機関を受診しましょう。

 

検査することで、患者さん本人も気がついていなかったその他の疾患や異常
見つかる可能性もあります。

 

さまざまな検査をし本当に異常がなかったと分かった時点で、
初めてストレス性の頻尿だと診断できるのです。

 

ですがなぜストレスが頻尿を引き起こすのでしょうか。
日ごろ余り意識することはありませんが、ヒトの心と身体は密接につながりあっています。
心か体のどちらかに不具合が起きれば、もう片方にも異変が起こるのです。

 

心のバランスが崩れれば自立神経系統が上手く動かなくなり、
また血流が滞ることで身体も冷えてきます。

 

自律神経は排尿のコントロールも担っているため、尿を作る、貯める、出すと言った
リズムが崩れてしまいます。
体の冷えも頻尿を助長してしまいますよね。

 

理想的なのはストレスの原因を根本から取り除くことですが、
現代社会に生きる私たちにとってそれは並大抵のことではありません。
上手く発散しながら付き合って生きたいですね。


 

 

体の中から改善しよう