頻尿の定義

MENU

頻尿の定義

頻尿とは文字通り頻繁な尿意・排尿を指しますが、便宜上「1日8回以上の排尿」を指します。
医師によっては7回程度と考える人もいますし、10回くらいなら正常範囲とする医師もいます。

 

もちろん個人差がありますので、一概には言えませんよね。
ですが診察時に患者さん本人が頻尿であると訴えてきたらその時点で考慮されます。
同じ頻尿の患者さんでも1日に15回程度の人がいれば20回以上の患者さんもいるためです。

 

ただしこれは日中の場合であり、逆に日中頻尿が気になっていても
眠りについてから朝目覚めるまで尿意を感じないのであれば夜間頻尿ではありませんね。

 

夜間の頻尿の定義は「眠りについてから2回以上トイレへ行くかどうか」であると
学会のガイドラインで定められています。

 

水分の摂りすぎや季節による冷え、就寝時のアルコール摂取など思い当たる事由があれば
この場合は夜間頻尿とは診断されません。

 

頻尿の定義では泌尿器科系や外性器といった器質的な部分に異常がある場合と
心因性の二つに大別されてます。

 

前者であれば最もポピュラーな疾患は膀胱炎で、他に前立腺肥大や過活動膀胱などが
挙げられます。
糖尿病や心臓に疾患を持つ患者さんにも同様の症状が見られます。

 

後者の場合は極度の緊張が原因であったり環境の変化によるものが多数ですが、
改善に時間がかかるのが特徴です。


 

 

体の中から改善しよう

頻尿の定義関連ページ

頻尿症
夜間の頻尿
治し方
子ども
おしっこ