治し方

MENU

治し方

基礎疾患があっての頻尿は、原因となる病が治ればそれに伴い次第に収まっていきます。
ですが頻尿以外痛みや不快感、残尿感も無い、夜中も眠ってしまえば大丈夫という場合、
どういった治し方があるのでしょうか。

 

いくらトイレの回数が多いからといっても水分の摂取まで制限してしまうのは少々危険です。
トイレのことは気にせず、必要な水分はきちんと取るようにしましょう。
特に夏場は脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。

 

また女性に多いのですが体が冷えていたりむくみのある場合、頻尿症状を訴える人がいます。
体が冷えていれば当然汗をかきにくいですから、体の余分な水分は尿として排出されますよね。
水分を溜め込んでむくむタイプの人も同様です。

 

 

治すポイント

  • 熱い季節でもぬるめの湯船につかる
  • 体を冷やす生野菜や冷たいものの摂取は控える
  • エアコンに当たり過ぎない

などの対策を取りましょう。

 

 

筋力アップのためのトレーニングも有効です。
こちらは加齢による筋力低下が原因の頻尿や尿失禁対策に特に有効で、
骨盤底筋を鍛えることで症状を緩和する効果が期待できます。

 

下腹部を鍛えることでヒップアップやダイエット効果も得られますし、
便秘体質の改善も図れるのでオススメですよ。

 

 

これらと併せてサプリメント漢方製剤も取り入れてみましょう。
男性であればノコギリヤシ、女性であればペポカボチャエキスが注目を集めています。

 

このように頻尿の治し方にはいくつか種類があります。
自分にも出来そうなもの、合うものを選んで取り入れてみてくださいね。


 

 

体の中から改善しよう