多尿

MENU

多尿

多尿とは、文字通り排尿の量が通常より多い状態を指します。
頻尿でしょっちゅうトイレへ行っていても、少量しか出ないのが普通です。
ですが回数が多いことに加え尿量も都度しっかり出ているような場合、多尿と診断されます。

 

個人差はありますが、成人ですと1日に大体1500ミリリットル前後の尿が排出されています。
ところが他尿の人の場合、3000ミリリットル後と2倍近い量が作られていることも。
気になるときは空のペットボトルなどを利用して、尿量を図ってみましょう。

 

頻尿で病院にかかった場合、量の多少を聞かれますが、厳密には頻尿と多尿は別の症状です。
多尿症状が現れる疾患として、尿崩症や糖尿病などの内分泌異常、慢性腎不全などが疑われます。
膀胱過活動といって、膀胱で尿が作られるスピードが早くなる症例もあります。

 

尿崩症(にょうほうしょう)という病名は聴いたことの無い人も多いでしょう。
カンタンに言えば尿量を調節するホルモンの異常で、
先天性のもの、遺伝性、腎性のものなどが挙げられます。

 

この病気にはまれに脳腫瘍や甲状腺がんが隠れているケースもありますので、注意が必要です。

 

他に多尿症状が現れる基礎疾患に、糖尿病が含まれています。
一般的に糖尿病の患者さんの場合、異常なノドの渇きを訴える患者さんが多く、
そのため水分を多量に飲みます。

 

水分摂取量が増えれば当然作られる尿の量も増えますよね。

 

このように単純に尿量が多いというだけでなく、怖い病気が隠れている場合があります。
一時的なものであれば心配することはありませんが尿の多い状態が長く続くようであれば
しかるべき医療機関を受診してくださいね。


 

 

体の中から改善しよう

多尿関連ページ

腰痛
高血圧
風邪