子宮筋腫

MENU

子宮筋腫

子宮筋腫と頻尿、普通に考えてあまり縁のなさそうなこの両者の関係ですが、
実は全く無関係と言うわけではありません。

 

子宮筋腫そのものは20代〜50代の女性のうち実に4人に1人が罹患していると言われるくらい
ポピュラーな疾患です。
余談ですが筆者も筋腫持ちで、妊娠時に発覚しました。幸い頻尿症状はありませんが。

 

筋腫は非癌性腫瘍、すなわち良性腫瘍で、顕微鏡で無いと確認できないものから
ソフトボール、バスケットボール大にまで成長することがあるのです。

 

またほとんどの患者さんがひとつではなく複数の筋腫を持っています。
子宮壁や筋層の中に出来た場合、子宮の形がいびつになることもあるのです。
中には妊娠出産に悪影響を及ぼすものもあります。

 

主な症状としては月経血の増加や期間の異常、経血の形状に異常が認められることが
良く知られており、人によってはあまりの出血量に貧血を起こすこともあります。

 

出来た筋腫のコブが小さい間は良いのですが、出来る場所や大きさによっては
下腹部痛や腰痛だけでなく便秘、頻尿を誘発する原因にもなりかねません。

 

筋腫が直腸を圧迫しているようであれば便秘になりますし、膀胱を圧迫していれば
頻尿や尿失禁などの症状が現れます。

 

ですがこれらの諸症状はある日突然現れると言うわけではありません。
時間をかけて少しずつ症状が顕著になっていきますし最初は自覚症状がほとんど無いため、
どうしても受診が遅れがちになるのです。

 

これと言った原因が見当たらないのに頻尿であったり尿失禁が気になる場合、
泌尿器科だけでなく婦人科を受診することをオススメします。


 

 

体の中から改善しよう

子宮筋腫関連ページ

生理前
排卵日
妊娠初期
妊娠中